30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

ショップ

ハワイでベビーカーレンタルして良かった!OLIOLIベビーバギー

投稿日:

ルックJTBのOLIOLIベビーバギーで快適子連れハワイの旅

旅行会社の老舗、ルックJTBのハワイ旅行は子連れでも安心・快適に楽しむことができます。
中でも絶対的におすすめなサービスが、OLIOLIベビーバギーです。
日本から使いなれているバギーを持ち込むのももちろんよいのですが、その分荷物も増え、手続きも少しだけ面倒に感じることも少なくないはずです。
その点こちらのサービスを利用すれば、持ち込み時の手間も省け、手荷物も少なくなり、帰りのお土産が増えても安心です。
では利用するためにはどうしたらよいのでしょうか?

それはとても簡単。
日本であらかじめサービス利用を申し込めば、現地のルックJTBのハワイサロンである、アラモアナセンター内のOLIOLIステーションで貸し出してもらうことができます。
返却はダニエル・K・イノウエ空港のOLIOLIスタッフに返却も可能ですので、飛行機に乗る直前まで利用することができるのです。

移動にはいつもバギーを使うほどの小さな乳児でなくても、あるとないとでは大違いなバギー。
お子様がちょっとぐずってしまって歩かなくなった時や、眠そうな時、あるいはショッピングで荷物が増えてしまった時などにも、バギーがあれば安心です。

見知らぬ土地で、子供がぐずって泣いて、そして泣き止まない。
さっとトイレや人通りの少ないロビーやホールなどに移動しようと思っても、手荷物がいっぱいで他にも子供がいる時、とてもではないけどさっと移動なんてできませんよね。
それでなくても海外旅行となると、大人だけの旅でも手荷物が増えるのに、子連れともなればさらに多くなるのは必須です。

実際に友人家族とハワイへ旅行した際に、とてもこのバギーにはお世話になりました。
年齢的にバギーにはあまり乗ってくれないかもしれないねと話しながら、一応・念のためにと申し込んだベビーバギーが大変役にたってくれたのです。

私たちが空港へ到着し、OLIOLIステーションでバギーをレンタルした直後のことでした。
ランチもかねてワイキキへと繰り出し、バスを降りた瞬間、友人の子供がギャン泣きです。
それまでは初めての飛行機と見たこともない街並みに興奮してテンションの上がっていた友人の子供が、一気に現実に引き戻され、我に返って不快な思いを訴え始めたのです。
泣きながらも訴えることはよくわかり、暑い、眠い、歩きたくない、お腹は空いていないと。

確かにその通りでした。
飛行機でよく寝てくれるように空港でお腹いっぱい食事させたのですが、機内ではぐずらないように見せたキッズプログラムのムービーに食い入ってしまいなかなか寝付かず。
その為にハワイに着いたら睡魔が襲い、そして出発した日本は冬でもハワイは常夏で、その気温差に子供ながらにイライラし。
こうなったら手がつけられません。

だましだましアイスを食べさせ機嫌を取り、そしてバギーに乗せたら即寝落ちでした。
その後の移動ももちろんバギーのお陰でスムーズにでき、ランチ中もショッピング中も大活躍です。
まさかこんなに早くバギーのお世話になるとは思いませんでした。
やはり申し込んでおいてよかったねと、友人と目と目で会話しました。
このOLIOLIベビーバギーは、レンタルに料金はかかりませんので、子連れハワイを計画されている方は、ぜひおすすめのサービスです。

ただしバギー自体は大きなものではないので、あくまで簡易バギーであることを了承の上、申し込むことが必要です。
私たちのように念のために、または日本でも簡単バギーをメインに使用されているお子様でしたら、とても便利なサービスです。

 

関連広告



-ショップ

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.