30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

裏技でお金がなくてもハワイ旅行

裏技でお金がなくても格安ハワイ旅行を楽しむ方法

投稿日:

航空会社のマイルをためて特典ハワイ旅行

ハワイ旅行で一番費用が掛かるのは何といっても飛行機の航空券です。という事はこの航空券費用を抑える事が出来たなら、格安でハワイ旅行が楽しめます。大抵の航空会社にはマイレージサービスと呼ばれるサービスがあり、このマイレージサービスの特典としてもらえる航空券を利用すればハワイ旅行の費用が驚くほど安くなります。航空券代が不要となり、ホテル代や食事代、観光・レジャー費用、お土産代、諸経費のみでハワイ旅行が楽しめるとしたらいかがでしょうか?

・毎年家族でハワイに行けるかも
・贅沢に高級ホテルに宿泊してみたい
・滞在日数を増やして思いっきりハワイを楽しみたい
・オアフ島以外にも足をのばしてみたい

どうでしょう。わくわくしてきませんか?

ハワイまでの特典航空券に必要なマイルは

航空会社によってハワイまでの特典航空券に交換可能なマイルは異なりますが、ここでは例としてANA(全日空)に絞って紹介します。
特典航空券に必要なマイルを計算するには、下記の2つを決める必要があります。

・いつ行くのか
・どの座席で行くのか

まずはいつ行くのかによって3種類のうちから対象のシーズンが決まります。

 L(ローシーズン)  2017年  1/5~2/28、4/1~4/26、5/9~5/31
 2018年  1/8~2/28
 R(レギュラーシーズン)  2017年  3/1~3/31、6/1~7/27、8/22~12/21
 2018年  3/1~3/31
 H(ハイシーズン)  2017年  1/1~1/4、4/27~5/8、7/28~8/21、12/22~12/31
 2018年  1/1~1/7

※ただし2017年1月1日~2日、2018年1月1日~2日ハワイ初の便は利用不可

次にどの座席にするかで必要マイルが決まります。

 Y(エコノミークラス)  C(ビジネスクラス)
 L(ローシーズン)  35,000マイル  60,000マイル
 R(レギュラーシーズン)  40,000マイル  65,000マイル
 H(ハイシーズン)  43,000マイル  68,000マイル

 

家族4人の場合、最低140,000マイル(エコノミーのローシーズン35,000マイル×4人)、最高で272,000マイル(ビジネスでハイシーズン68,000マイル×4人)が必要となります。

 

ANAマイルを毎月18,000マイル、年間216,000マイルためる方法

年間216,000マイルあれば

・エコノミークラスなら1年に1回
・ビジネスクラスでも1年半に1回

家族でハワイ旅行が楽しめます。さらにわくわくしてきませんか?

ここまでANAのマイルを例に挙げてきた理由は、JAL(日本航空)より、ANAの方がより効率的にマイルをためる事が出来るからです。でも自宅の近くの空港からはJALの方が便利とか、純粋にJALファンなんですという方も大丈夫!ANAよりは効率が落ちますがJALのマイルもためられます。

簡単に説明するとポイントサイトを利用してマイルをためる方法です。ポイントサイト、ポイント交換サイトは他にもたくさんあるのですが、最も効率良くANAマイルをためる方法だけを紹介します。まずは下の表を見てください。

 

ana-mile1

①ポイントサイトのハピタスでポイントをためます。
ハピタスでは月間20,000ポイントを目標にためます。
②ためたポイントをポイント交換サイトのドットマネーへ交換。
1:1の交換比率ですので20,000ポイントに交換できます。
③ドットマネーをメトロポイントへ交換。
1:1の交換比率ですので20,000ポイントに交換できます。
④ANAマイルへ交換。
1:0.9の交換比率ですので18,000ポイントに交換できます。

 

この方法を利用してみようと思っていただけた場合、まずは下のバナーからハピタスへ登録しましょう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 ANAマイルを爆発的にためるカギはソラチカカード

ANAマイルをためるうえで必須となるカギが「ソラチカカード」ことANA ToME CARD PASMO JCBカードです。(JALマイルをためる場合は不要です。)
東京メトロが発行しているクレジットカードでANAマイルへの変換率が何と90%!!

90%もの高変換率でANAマイルに変換できるのは今のところソラチカカードだけです。

このソラチカカードはショッピングなどに利用する必要はありません。(もちろん利用しても構いませんが、ショッピングで利用する場合は別のクレジットカードの利用をお勧めしますが、そちらは別の機会に紹介したいと思います。)

このソラチカカードですが、初年度年会費は無料ですが2年目以降は税別2,000円が必要となってしまいます。ただし、年間2,000円を支払っても余りあるANAマイルをためる必要経費だと思ってください。思ったよりANAマイルがたまらなかった場合は、初年度で解約してしまえば良いだけです。

ソラチカカードに申し込む前にまずは、ハピタスの登録をして下さい。なぜならハピタスでソラチカカードの申し込み案件があった場合、ハピタス経由で申し込む事でさらにマイルをためる事が出来るからです。

常時ソラチカカードの申し込み案件があるわけではありませんので、ハピタスでソラチカカードの申し込み案件が場合はこちらの公式サイトから直接申し込みましょう。

リンク:ソラチカカード公式サイト

sorachika1

 

早速ハピタスへ登録!!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ハピタス登録後のANAマイルへの交換方法はこちらを参考にして下さい。






関連広告



-裏技でお金がなくてもハワイ旅行

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.