30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

レストラン

ハワイの日本食料理のレストラン(お寿司屋さん)吉家

更新日:

吉幾三さんがオーナーのお店です

ハワイ旅行のきっかけは、主人のお母さんがハワイが大好きなので、親孝行にと思い、また息子を初めての海外旅行に連れていってあげたかったので、3世代で旅行に行きました。4才の息子は、好き嫌いが多く、唯一大好きなものが納豆巻でした。ハワイでの食事をどうしようかと思っていたところ、宿泊先のシェラトンワイキキにお寿司屋さんがあるということで、こちらのレストランに滞在中何回も行きました。

吉屋までは、ホテルロビー階から、専用エレベーターもしくは階段で2階に上がるとあります。ちなみに、納豆巻(細巻き)1本の値段は日本円で約800円くらいでした。

まず、一番良かった点は、宿泊したシェラトンワイキキは、目の前にワイキキビーチが広がり、すぐ隣にはロイヤルハワイアンセンターがあり、買い物にも便利で、トロリー乗車場所もすぐ近くにあったこと、この便利な宿泊先に大好きな和食のレストランがあったことです。ちょっと遊び疲れたから早く部屋に戻りたいと息子が愚図って困ったときは、納豆巻のテイクアウトも可能だったことです。その時も、事前に予約は必要なく、お店に直接行って、注文し、出来上がるまではカウンター席に座って、板前さんとお話しながら待つことができました。ウエイターさんは、わざわざお茶まで出してくれました。
板前さんをはじめ、ウエイトレスやウエイターさんも日本語が堪能でした。日本にも住んでいたことがあるというウエイターさんは、息子が幼稚園年少ということもあり、気軽に話しかけてくれて、ハワイの幼稚園の様子などを教えてくれました。ハワイのお店にはカウンター席と、テーブル席、畳の小上がり席があり、かなり広かったです。なので、毎回予約なしでも入ることができました。
納豆は日本と同じひきわり納豆でしたので、とても美味しかったです。息子も日本で食べる納豆巻きと同じようにぱくぱく食べていました。ワイキキ最後の夜は、奮発してすき焼きを注文しました。お肉は日本のお肉かと思うくらいやわらかくて美味でした。お店の方に聞いた所、日本からの輸入ものではなく、アメリカの肉ということでした。すき焼きはちょっとお値段が高くて、日本円で7千円くらいだったと思います。ワイキキ価格なので、仕方ないとは思いますが、もう少しお値段が安ければもっと良かったかなと思います。ですが、80代の義母も4才の息子も、私たち夫婦も全員が満足する内容でした。ハワイに来たら、ロコモコなど現地の味を堪能するのもよいですが、やはり高齢の義母や小さい子どもには、ハワイに来ても食べ慣れた日本食が安心できました。

次にハワイ旅行した際は、宿泊先がシェラトンワイキキでなかったとしても、是非立ち寄りたいレストランのひとつになりました。

 

関連広告



-レストラン

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.