30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

ツアー

天使の海ピクニック・セイル

更新日:

大人気の天使の海でシュノーケリングをしたり、ボートで昼食を食べたりするオプショナルツアー

このツアーは、各ホテルまで送迎バスが迎えに来てくれ、みなさんでカネオヘ湾へ向かいます。到着後、みなさんでボートに乗り換えて天使の海まで出発です。
途中でウミガメを探したり、景色を眺めたりと楽しめました。
天使の海へ到着後は、小グループに分かれて海へ入って行きます。そこでスタッフの方が写真を撮ってくれたり、ボールを持ってきてくれてみんなで投げ合ったりと、楽しい時間を過ごせました。
その後、一旦ボートに戻り昼食です。自由時間中にスタッフの方が焼いてくれたお肉や、サラダ、フルーツ、お菓子などたくさん並んでいました。バイキング形式の様に取っていくのですが、たくさん種類があり、全部の種類食べることはできませんでした。どれも美味しく、現地のお菓子など食べる機会がないので、いい機会でした。
昼食後は、また海へと戻り今度はみなさんとシュノーケリングです。シュノーケリングの方法の説明があり、みんなで一列になって進んでいきます。ゆっくりペースの方も、もちろんスタッフの方がフォローしてついてきてくれるので、安心です。
ゆっくりとシュノーケリングを楽しんだ後は、もう天使の海とはお別れです。名残惜しいですが、みんなで集合写真を撮って海を後にしました。
カネオヘ湾帰港後は、シャワーを浴びて、また各ホテルへ送迎されます。帰りのバスの中は、行きとは打って変わって静かで、みなさん疲れて眠っていました。もちろん私も、充実した一日の思い出に浸りながら眠っていました。

新婚旅行でハワイを選んだのですが、せっかくハワイに来たので、有名な天使の海に行ってみたいと思いました。ツアー以外で行く方法がなかったので、料金もリーズナブルだったので、主人と決めました。

アクセスは「JTBハワイ My Busランドクルーズ」に掲載されています。
価格は0歳~2歳 0円、3歳~11歳 13104円、12歳~以上 15476円です。

このツアーの送迎のバスの車内は、満員で人気なのがわかります。妊婦さんや小さな子供も参加できるようで、みなさんバスの車内ではしゃいでいました。添乗員さんもいて、カネオヘ湾に着くまでに、これからの流れや注意事項を説明してくれたので、時間のロスがありませんでした。
ボートでも現地の日本人スタッフの方が、海の特徴や雑談をしてくれて、船酔いも忘れてみんなでワイワイと楽しみながら向かいました。小さい子供もいるので退屈にさせない心遣いを感じました。
ただ残念なのは、私が行った日はかなり雨が降っていたため、天使の海付近は止んでいたのですが、海の水が濁ってしまっていて、なかなかウミガメを見つけることができませんでした。気温も下がってしまい、日も差さないため水温も低下しとても寒く、海に入るのをためらう程でした。シュノーケリングもやはり、水が濁っているためあまり綺麗に見えなかったです。天候には左右されやすいツアーだと思います。
しかし、どんよりした天気でもスタッフの方は明るく盛り上げてくれ、帰りに少し晴れ、その時になんとかウミガメを見つけてくれました。その時は、みなさんから歓声が上がりました。
干潮時に海の真ん中に現れるサンドバーは感動的で、たくさん写真を撮って帰りました。まさにインスタ映えです。
昼食はとても美味しく、ボートでご飯を食べることなどないのでテンションも上がり、隣の席の新婚さんやご家族と話しをたりと、和気あいあいとした雰囲気で過ごせました。ハワイのポテトチップスを初めて食べたのですが、日本のとは歯ごたえが違い、美味しいのでハマってしまいスーパーでまとめて買って帰りました。特に女性の方はどんどんおかわりしていました。
このツアーに参加するにあたって、シュノーケリングの道具などの購入をしないといけないのでは?と思っていたのですが、シュノーケリング道具やライフジャケット、浮き輪などは無料で貸してくれるので、準備がいらず荷物にもならないので大変助かりました。

天候に左右されやすいオプショナルツアーですが、晴れていると本当に絶景で神秘的なのだと思います。ハワイの天気は変わりやすいので、なかなか難しいとは思いますが、次またハワイを訪れる機会がありましたら、リベンジしたいと思います。

 
サンドバーツアーを比較するならこちらの記事を参考にどうぞ


 

関連広告



-ツアー

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.