30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

結婚式

ハワイのリゾート挙式 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

投稿日:

ハワイ屈指のリゾート地であるコオリナにあり、喜びの結晶という意味を持つ「コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ」

憧れのリゾ婚はやっぱりハワイで決まり
ハワイ屈指のリゾート地としてセレブからも愛されるコオリナ地区。中でもリゾートウェディングを代表する「コオリナ・ナチャペル・プレイス・オブ・ジョイ」で私たちは結婚式を挙げました。
「喜びの結晶」という意味を持つこちらで、名前の通り喜びと幸せに満ちた時間を過ごすことができました。

コバルトブルーの海と家族に見守られながら違う永遠の愛

私は両親と兄弟を招き、コオリナチャペルで憧れのリゾートウェディングを挙げました。
グリーンの屋根の可愛らしいチャペルの扉を開くと、中は純白の世界が広がっています。
ドキドキしながら父とバージンロードを歩いて行くと、目の前にコバルトブルーのビーチが広がり、まさに描いていた理想通りの結婚式を挙げることができました。
人気のチャペルのため、この日も私たちの他に何組も式を挙げているとのことでしたが、プランナーさんのおかげで上手いこと誰にも会うことなく、自分たちだけの時間を過ごすことができました。
挙式後にはビーチで両親にレイをかけて感謝のハグを交わすという、ハワイならではのセレモニーもできました。
その後はビーチで写真撮影です。
家族との写真を撮ってから、参列者は先にレセプション会場に移動してもらい、2人だけの撮影をしてくれました。
2人の撮影はハグしたりキスしたりと、見られるには恥ずかしいポーズを催促されるので、家族の前だと照れてしまいますが、2人だけにしてもらえたので助かりました。
それから簡単なお色直しをし、レセプションパーティーをしました。
とはいっても家族だけなので堅苦しい挨拶や余興などはなく、食事を楽しみにながら私たちの生い立ちムービーを見てもらっただけです。
トータル12分程の長いムービーになってしまいましたが、家族だけだったので終始うるうるしながら真剣に見てもらえて、頑張って作ったかいがあったなと思いました。

アクセスは羽田空港から全員JALのエコノミークラスでむかいました。
親族は3泊5日、私たち2人は新婚旅行も兼ねて5泊7日の旅にしました。
ハワイに到着した日にはホテル周辺の観光をし、私たちはプランナーさんとの打ち合わせに向かいました。
2日目に結婚式をし、3日目には皆でビーチで遊んだりショッピングに出かけ、次の日に家族は帰郷という流れです。
親族の旅費は1人30万円、私たち2人は50万円程でした。
式当日の御祝儀は控えると伝えて事前にいただき、親族分の旅費はその御祝儀で賄うことができました。
挙式代が40万円、ドレスが30万円程だったので、私たちが実質払った総額は200万円弱でした。

私たちがハワイ挙式を選んだ最大の理由は、両家の両親が誰も海外に行ったことがなかったからです。
元気なうちに一度は外の世界を見て楽しんで欲しいという思いが主人と一致し、親孝行を兼ねてリゾートウェディングにすることにしました。
普通の披露宴だと親族とは一番離れた席に座り、大して話すこともなく二次会や三次会にと追われて終わってしまいますが、家族婚にしたことによって両親と濃密な時間を過ごすことができ、本当によかったと思っています。

自然美溢れるハワイは、知らないうちに心も開放的にしてくれます。
普段は恥ずかしくて言えない家族への感謝の気持ちを、ハワイの力を借りて思いっきり伝えてみてはいかがですか。

えっ!?こんな方法で格安ハワイ旅行が楽しめるって知ってました?

関連広告



-結婚式

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.