30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

ハワイお役立ち情報

クレジットカードの為替レートはどれほど違うのか確かめてみた

更新日:

クレジットカード会社毎に為替レートはどれほど違うのか疑問に思った

海外でのショッピング利用とても便利なクレジットカード。両替の手間も不要でショッピングが可能ですが、小さな疑問がありました。

ドルで利用したクレジットカードの明細は日本円で請求が来るはずだけど、クレジットカード会社毎に為替レートはどれほど違うのだろうか?

ドルへの両替であれば、いつ両替するか、どこで両替するかによってレートが異なりますよね。手数料も含めると大きな差が出てしまいますので、少しでも安く両替できる方法を探されるかと思います。

両替についてはこちらを参照して下さい。

 

同様にクレジットカードを海外で利用した場合の為替レートの大きな差があるのであれば、ハワイで利用するクレジットカードを選択するべきではないか。折角なので2017年親子孫三世代ハワイ旅行で試してみました。

親子孫三世代ハワイ旅行のスケジュール(日程)はこんな感じでした。

 

ワイキキのABCストアで99セントの水を同じ日に別々のクレジットカード(VISA、アメックス、JCB、マスター)で購入してみた

我が家で保持しているクレジットカードは全部で4枚。

 

実験のため購入したのはこちらのペットボトルウォーター4本です。

 

さすがに水を1本づつ、別のクレジットカードで支払いをするのは恥ずかしいお店に迷惑だと思ったので、近くのABCストア2軒で夫婦それぞれ1本づつ購入しました。

 

ハワイではペットボトルを購入するとBottle Deposit(ボトル保証金)とEnvironment Fee(環境手数料)が発生します

少し話がそれますが、ハワイのABCストアで購入した0.99ドルのペットボトルウォーターのレシートを良く見るとTax(税金)の他にBottle Deposit(ボトル保証金)5¢とEnvironment Fee(環境手数料)1¢が発生しております。

これはリサイクル法案に基づくリサイクル費用のようです。

ちなみに、空になったペットボトルをリサイクルセンターへ持って行くとBottle Deposit(ボトル保証金)が返金されるそうです。

 

ABCストアのレシートと帰国後の各クレジットカード会社からの請求書を確認してみた結果

VISAカード

1.1ドルの利用で請求は123円でした。

 

アメックス(アメリカンエクスプレス)カード

1.1ドルの利用で請求は122円でした。

 

JCBカード

1.1ドルの利用で請求は123円でした。

 

マスターカード

1.1ドルの利用で請求は122円でした。

 

クレジットカード会社毎の為替レート比較結果

ハワイのABCストアでペットボトルウォーターを購入した条件はこちら

購入時間:2017年8月28日 21:00頃

購入額:1.1ドル

各クレジットカード会社毎の請求比較結果はこちら

利用額 換算レート 換算日
VISA 123円 111.81818 8/30
アメックス 122円 110.909 記載無
JCB 123円 112.227 8/31
マスター 122円 110.909 記載無

 

今回比較した結果では、アメックス及びマスターカードの換算レートが一番有利なレートであった事が分かりました。ただし換算日がクレジットカード会社毎に異なる為、本当の意味ではどこのクレジットカード会社の為替レートが一番有利かがわかりませんでしたが、気にするほどの差は無いというのが実感です。

 

関連広告



-ハワイお役立ち情報

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.