30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

ハワイお役立ち情報

ESTA(エスタ)申請の代行手数料詐欺サイトに注意

更新日:

ESTA申請の代行手数料詐欺サイトに注意(ESTA詐欺に注意)

本来のアメリカ大使館の公式サイト(https://esta.cbp.dhs.gov/esta/)から申請すると、費用は14ドルですが、
慣れない申請の隙をついてESTA申請代行料をとるサイトが幾つかあります。
全てのサイトが詐欺という訳ではありませんが、折角節約のために自分でESTA申請しているのに、余計な代行手数料など支払いたくないです。
我が家では、子連れハワイ旅行時にまんまとこの詐欺まがいの代行申請サイトを利用してしまい、1人7,400円の請求が来てしまいました。
家族4人で総額29,600円の請求。20,000円以上の高い授業料を払わされてしまいました。
そんな事にならないように、必ず公式サイトから申請するようにして下さい。

 

検索やスポンサー広告はほとんど、詐欺サイトに誘導されてしまいます

「ESTA」、「ESTA 申請」で検索すると、ほとんどの検索結果は詐欺サイトに誘導されてしまいます。
また、ほとんどのスポンサー広告も同様に、詐欺サイトに誘導されてしまいます。
これらの詐欺サイトは、大きく3種類の手口となります。

ESTA申請の記入代行サービスを提供するサイト

代行費用は4,000円~8,000円と割高です。
大手旅行会社が6,000円弱で代行を実施しているので、一概に詐欺と決め付ける事は出来ませんが、
折角自分で申請をしているのですから心情的には詐欺です。
ほとんどのサイトは代行手数料を取る事をサイトの下の方に目立たないように記述してありますので、
注意深く確認をせず申請を行なった我が家が間抜けなだけです。
でも、このようなサイトのカモになってしまった事は非常に残念です。
是非、このサイトをご覧になっている方は我が家と同じ過ちを犯さないでください。

個人情報を取り込むよう最初から設定されているサイト

これらのサイトはフィッシング詐欺と呼ばれ、よく聞く金融関連のフィッシング詐欺と良く似ています。
クレジットカード情報や生年月日、パスポート番号、連絡先、渡航予定情報などの個人情報を入力しているため、
数日間留守にする情報が流出してしまうわけです。

申請用紙のダウンロードを提供するサイト

ESTA申請はWEB上のアプリケーションであるため、申請書のダウンロードは不要です。
このようなサイトからファイルをダウンロードしてしまうと、パソコンウィルスへの感染などの被害を受けてしまうかもしれません。

 

ESTA申請時にこのような詐欺に合われる方が減りますように

折角の楽しい海外旅行(お仕事でESTA申請される方もいらっしゃるかも知れませんが)です。
このようなつまらない詐欺の被害に合われて、楽しさが減少してしまわないよう。
そもそもESTA申請での詐欺被害にあわれる方が少しでも減られますように、
注意喚起として記憶の片隅に残しておいて頂きますよう、お願い致します。

 
我が家のESTA申請失敗談はこちらをどうぞ。


 

関連広告



-ハワイお役立ち情報

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.