30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

ツアー

オアフ島ご当地グルメツアー

更新日:

ワイキキを振り出しにオアフ島をぐるりと周遊

新婚旅行でハワイ旅行に行きました。完全にフリープランだったので、3食全てを自分で手配しなければならず、ネタ切れとなってきた旅行後半の昼間に申し込みました。観光とランチが出来るツアーです。

ワイキキ地区のホテルからシャトルバスで移動。所要時間は8時間で大人一人116ドル。日本語ガイドがドライバーとは別に一人付きました。

長めの日程の旅行で、観光のネタに尽きてしまい、時間潰しに丁度良いかとこちらのツアーに申し込みました。所要時間が8時間なので、一日をこのツアーで過ごす感じとなりました。(ホテルに夜着きましたが、お腹が満腹で空かず、夕飯は食べないまま就寝しました。)ホテルからシャトルバスで出発して、途中でハワイ名物のおやつであるマラサダを食べる為に下車しました。タロイモの成分である紫色の生地を丸くまとめて油で揚げ、周りに砂糖をたっぷりとまぶした物がマラサダです。テレビで見た事がありましたが、食べるのは初めてでした。揚げたてなので熱々です!一人1個のマラサダが配られ、お店脇のスペースが広く空いているので、そこで立ち食いしました。熱々のマラサダは噛むともっちりとした食感で、かつとても柔らかいです。揚げたてのドーナッツのような感覚でした。マラサダの断面は鮮やかな紫色で、日本では見ない色合いに驚きが、味はほんのりとした甘さがあり、優しい味わいです。砂糖がまぶしてあるので、揚げドーナツを食べているようでした。マラサダ一つが大きめなので、一個で十分なおやつとなりました。マラサダを食べ終えるとシャトルバスに乗り、マカダミアナッツファームへ向かいます。鬱蒼としたジャングルのような中に農園がありました。ファームではコーヒーと試食のマカダミアナッツが振舞われ、試食しながらファーム内の見学をしました。ここでトイレ休憩もありました。その後、また移動です。30分程シャトルバスで移動し、カフクというレストランで昼食となりました。プレートランチで、内容はシュリンプでした。ここのレストランは完全に観光客向けのお店のようで、観光客しかいませんでした。メニューも日本語メニューでした。ご当地グルメツアーなので、現地の人に人気のあるお店に行きたかったですね。シュリンププレートも、エビが小さく、少ししか乗っておらず、しょぼいなぁと感じました。味もパサパサしており、美味しくはなかったです。食事の後はフルーツの試食会場に向かい、試食をしましたが、フルーツを買って帰るのはホテルの部屋で切ったりする手間を考えて買いませんでした。

ご当地グルメツアーというタイトルとはイメージが違いました。観光客専用レストランでの食事がメインでした。

 

関連広告



-ツアー

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.