30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

三世代ハワイ

ハレイワのかき氷で有名なマツモトシェイブアイス

投稿日:

ハワイで人気のシェイブアイス

2日前にもノース・ショアを訪れたのですが、その時はレイズ・キアヴェ・ブロイルド・チキン(フリフリチキン)とジョバンニのガーリックシュリンプを堪能しました。

 

本日は「ポリネシアファミリーパッケージツアー」でのハレイワ見学の為、時間は30分のみです。そこで向かった先が、こちら「マツモトシェイブアイス」です。

 

「サトウキビ畑で働く労働者たちは1日中炎天下の下で働いている為、のどが渇く」というところから「カキ氷を売ってはどうか」と売り始めた、かき氷(シェイブアイス)はハワイ・ノースショアの名物になっております。

 

マツモトシェイブアイスのメニューと注文方法

マツモトシェイブアイスのメニューは、店内の看板にずらりと並んでいて(英語だから)少しわかりずらいですが、こんな流れで注文できます。

まずはサイズを選びます。

SMALL(小)2.75ドル
LARGE(大)3.00ドル

続いトッピングを選びます。

アイスもしくは小豆入り SMALL(小)3.50ドル  LARGE(大)3.75ドル
アイス&小豆入り    SMALL(小)4.00ドル  LARGE(大)4.25ドル

コンデンスミルクが50セント、オモチ(白玉)が1.00ドル/5個のトッピングも可能です。

 

最後にシロップを選べば注文完了です。

お勧めの組み合わせとして5種類のCOMBINATIONSが用意されております。

RAINBOW(イチゴ・レモン・パイナップル)

HAWAIIAN(パイナップル・ココナッツ・バナナ)

MATSUMOTO'S(レモン・パイナップル・ココナッツ)

TROPICAL(リリコイ(パッションフルーツ)・グァバ・パパイア)

ICHIBAN SPECIAL(好きなフレーバーを1つチョイスして、トッピング全部乗せみたいな感じ(コンデンスミルク・小豆・オモチ(白玉)・アイスクリーム・ワッフルボウル)

 

お好きなシロップを自由に選ぶ事も可能で、何とその種類40種類ほど。たくさんありすぎて迷う・・・

ピーチ、ラムネが新登場との事でした。

 

注文が完了したら、その先のカウンターで会計を済ませます。そのまま順番にカウンター沿いに進んで行くと、お待ちかねのシェイブアイスが受け取れます。

 

今回注文したのは定番のCOMBINATIONSからRAINBOW(赤がイチゴ・黄がレモン・青がパイナップル)をチョイスです。青いパイナップルは見た目と味が一致しません。ハワイで夏の定番かき氷を味わいます。

 

マツモトシェイブアイスの店内にはTシャツなどのお土産も

シェイブアイスをみんなで食べた後は店内でお土産探しです。Tシャツやら小物がならんでおります。

 

関連広告



-三世代ハワイ

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.