30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

ハワイお役立ち情報

海外旅行時のスーツケースの選び方と子連れ家族におすすめの1品

更新日:

スーツケースサイズの選び方

滞在日数、子供の荷物を個別に持たせるか、大人の荷物にまとめるのかによりどのくらいのサイズのスーツが良いかの目安が決まります。スーツーケースのサイズ選びの目安は1日あたり10リットル程度と考えると良いでしょう。ハワイ旅行で比較的多い3泊5日ならば50リットル、4泊6日ならば60リットルとなります。子どもの荷物は大人の半分くらいと考えると、3泊5日ならば25リットル、4泊6日ならば30リットルです。小学生の子供にもスーツケースを持たせるのであれば子供はSサイズのスーツケースを持たせ、大人はMサイズのスーツケースをそれぞれ持っていく事になります。さすがに小学校低学年の子供にスーツケースを持たせるのは不安な場合は、子供と大人の荷物を合わせてLサイズのスーツケースを用意するのが良いでしょう。

スーツケースの容量サイズの目安

Sサイズ 1~2泊(3日程度) ~25リットル
2~3泊(4日程度) ~40リットル
Mサイズ 3~5泊(6日程度) ~60リットル
5~7泊(8日程度) ~80リットル
Lサイズ 8泊~(9日以上) 90リットル以上

 

日本からハワイ直行便のある航空会社の無料手荷物許容量(サイズ・重量)

ある程度必要なスーツケースサイズの目安が決まったところで、次にハワイ旅行の際の各航空会社(日本からの直行便)の手荷物の規定を把握しておきましょう。折角大きなスーツケースを用意しても、飛行機への預け入れ手荷物で追加料金が発生してしまうのはもったいないと思います。各航空会社の無料手荷物預け入れサイズは下記を参照してもらうとして、スーツケースの3辺の和が157cm以内のサイズを選ぶと良いでしょう。ただし、預け入れ手荷物のサイズを厳密に図るケースは少なく、重量で超過料金が発生するケースがほとんどですので、安心の目安としてください。

全日空(ANA)の無料手荷物許容量(預り手荷物と機内持込手荷物)

国際線 エコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
預り手荷物 個数 2個 3個 3個
重量 23㎏/個 32㎏/個 32㎏/個
サイズ 3辺の和が158cm以内
機内持込手荷物 個数 身の回り品(ハンドバック、ノート型パソコン、カメラ、傘など)の他、1個まで
総重量 身の回り品含む10㎏以内
サイズ 3辺の和が115cm以内かつ3辺のそれぞれの長さが55cm×40cm×25cm以内
国内線 普通席 プレミアムクラス
預り手荷物 個数 個数制限なし
重量 20㎏まで 40㎏まで
サイズ 3辺の和が203cm以内
機内持込手荷物 個数 身の回り品(ハンドバック、ノート型パソコン、カメラ、傘など)の他、1個まで
総重量 身の回り品含む10㎏以内
サイズ 3辺の和が100cm以内 3辺の和が115cm以内

日本航空(JAL)の無料手荷物許容量(預り手荷物と機内持込手荷物)

国際線 エコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
預り手荷物 個数 2個 3個 3個
重量 23㎏/個 32㎏/個 32㎏/個
サイズ 3辺の和が203cm以内
機内持込手荷物 個数 身の回り品(ショッピングバック、ハンドバックなど)1個の他、1個まで
総重量 身の回り品含む10㎏以内
サイズ 3辺の和が115cm以内かつ3辺のそれぞれの長さが55cm×40cm×25cm以内
国内線 普通席 クラスJ ファーストクラス
預り手荷物 個数 個数制限なし
重量 20㎏まで 20㎏まで 45㎏まで
サイズ 3辺のそれぞれの長さが50cm×60cm×120cm以内
機内持込手荷物 個数 身の回り品(ショッピングバック、ハンドバックなど)1個の他、1個まで
総重量 身の回り品含む10㎏以内
サイズ 100席以上:3辺の和が115cm以内かつ3辺のそれぞれの長さが55cm×40cm×25cm以内
100席未満:3辺の和が100cm以内かつ3辺のそれぞれの長さが45cm×35cm×20cm以内

デルタ航空の無料手荷物許容量(預り手荷物と機内持込手荷物)

エコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
預り手荷物 個数 2個 2個 2個
重量 23㎏/個 32㎏/個 32㎏/個
サイズ 3辺の和が157cmを超えないこと
機内持込手荷物 個数 バッグ1点、身の回り品1点
総重量 重量制限なし
サイズ 3辺の和が114cm以内かつ3辺のそれぞれの長さが56cm×35cm×23cm以内

ユナイテッド航空の無料手荷物許容量(預り手荷物と機内持込手荷物)

エコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
預り手荷物 個数 2個 2個 2個
重量 23㎏/個 32㎏/個 32㎏/個
サイズ 3辺の和が158cm以下
機内持込手荷物 個数 機内持込手荷物1個+身の回り品
総重量 重量制限なし
サイズ 機内持込手荷物:3辺のそれぞれの長さが56cm×35cm×22cm以内
身の回り品:3辺のそれぞれの長さが43cm×25cm×22cm以内

ハワイアン航空の無料手荷物許容量(預り手荷物と機内持込手荷物)

エコノミークラス ビジネスクラス
預り手荷物 個数 2個 2個
重量 23㎏/個 32㎏/個
サイズ 3辺の和が157cm以下
機内持込手荷物 個数 機内持込手荷物1個+身の回り品1個
総重量 約11.5㎏
サイズ 3辺それぞれの長さが約55.9cm×35.6cm×22.9cm以内

チャイナエアラインの無料手荷物許容量(預り手荷物と機内持込手荷物)

エコノミークラス プレミアムエコノミークラス ビジネスクラス
預り手荷物 個数 2個 2個 2個
重量 23㎏/個 28㎏/個 32㎏/個
サイズ それぞれ3辺の和が158cmを超えないこと
2つの荷物の3辺の和が273cmを超えないこと
機内持込手荷物 個数 1個
総重量 7㎏
サイズ 3辺のそれぞれの長さが56cm×36cm×23cm以内

大韓航空の無料手荷物許容量(預り手荷物と機内持込手荷物)

エコノミークラス プレステージクラス ファーストクラス
預り手荷物 個数 2個 2個 3個
重量 23㎏/個 32㎏/個 32㎏/個
サイズ 3辺の和が158cm以内
機内持込手荷物 個数 1個+身の回り品1個 2個 2個
総重量 12㎏以内 18㎏以内 18㎏以内
サイズ

 

スーツケースの特徴

スーツケースの容量・サイズの目星がついあとは、ハードケースかソフトケースかの選択になります。

ソフトケース

メリット

  • ハードケースより比較的軽い
  • 外側にポケットがついており、ガイドブックなどすぐに取り出したい物の出し入れが便利
  • 収納が深いので奥行きのある荷物が収納できる
  • 収縮性があるので、多少容量をオーバーしても何とか詰められる

デメリット

  • 一般的に水濡れに弱い
  • 外部からの衝撃、圧力で内容物が変形する可能性がある
  • ロックシステムに不安がありセキュリティ面が心配

ハードケース

メリット

  • 一般的に水濡れに強い
  • 外部からの衝撃、圧力に強い
  • ロックシステムがしかかりしているので、セキュリティ面で安心

デメリット

  • ソフトケースより比較的重い
  • 外側にポケットがないので、臨時の収納に困る

 

おすすめのスーツケースはサムソナイトのコスモライト

以上のことから我が家が選んだスーツケースはこちらのコスモライト(Cosmolite)94リットルです。大人と子供の荷物をまとめて収納でき、預け入れ手荷物の無料範囲内であるサイズ(3辺の和が157cm)です。決め手は丈夫でとても軽い事です。何と指1本で持ち上げる事が可能な2.6㎏!スーツケースの重さを気にせず荷物が収納できます。
定価は少し高く77,760円ですが、ヨーロッパ仕様の平行輸入品であれば約6割引き程度の価格で購入可能です。

 

 

下記のバナーから最新の価格が検索可能です。

 

 

関連広告



-ハワイお役立ち情報

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.