30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

ハワイお役立ち情報

海外旅行ツアーと個人旅行のメリットデメリット比較

更新日:

子連れ家族でのハワイ旅行を計画!海外旅行はツアーが良いか個人旅行が良いか

ハワイ旅行を計画しておりますが、海外旅行の場合(国内旅行も同じですが・・・)選択肢として2つの方法が考えられます。

  • 海外旅行ツアー(パッケージツアー)を利用する方法
  • 個人で航空券とホテルを手配する方法

どちらの方法もメリットデメリットがありますので自分たちに合った方法を選択する事が望ましいと思いますが、それぞれのメリットデメリットをまとめてみます。

 

海外旅行ツアー(パッケージツアー)のメリットとデメリット

海外旅行ツアーのメリット1 面倒な手配はお任せしてお手軽に海外旅行が楽しめる

航空券の手配とホテルの手配がセットになっており、ほとんどのパッケージツアーでは空港からホテルまでの送迎がついている場合が多いです。送迎がついていない場合も、オプションで空港からホテルまでの送迎を追加することが可能です。いろいろ自分で調べたり、手配するのが面倒だという方には断然「海外旅行ツアー」がおすすめです。

海外旅行ツアーのメリット2 添乗員や現地係員の方がいて安心感がある

ハワイはよく日本語が通じると言われますが、それでも全ての方が日本語で対応してくださるわけではありません。英語が苦手な方は日本語であれこれ対応してくださる添乗員や現地係員の存在はとても安心感があります。
困ったことがあったら、何でも日本語で相談できるというのは特に初めての海外旅行ではとても魅力的です。

海外旅行ツアーのメリット3 航空券とホテルを別々に予約するよりも安いことが多い

大手旅行会社は大量に航空券やホテルを押さえているため、短期旅行の場合は個人で別々に手配するよりも価格が安くなることが多いです。特に価格を重視する場合、旅行会社の限定○名様やモノクロ版のパンフレットなどのツアーが狙い目です。

 

海外旅行ツアーのデメリット1 自由度が低い

ハワイ旅行のパッケージツアーの場合、4泊5日や5泊6日のスケジュール日程が主流ですが、もっと長期間滞在したい場合や、どうしても指定したい航空便やホテルがある場合には、ツアーでは対応できない場合があります。

海外旅行ツアーのデメリット2 子供料金や長期滞在の場合の割引額が小さい

格安パッケージツアーなどの場合、子供料金が大人と同一料金である場合などがあります。旅行人数が多い場合も1人当たりの料金が同額だったりする場合もあります。
一般的にハワイ(海外)のホテルは「1人いくら」ではなく「1室いくら」の料金設定です。子供が何人いても1人分のツアー料金が同額というのはもったいない気がします。また、長期滞在の場合、1日当たりの金額が個人手配に比べて高く感じることもあります。

 

個人旅行のメリットとデメリット

個人旅行のメリット1 とにかく自由

どこの航空会社を利用するか。どこのホテルに宿泊するか。何日間ハワイに滞在するのか。個人手配の場合はすべて自分の思い通りです。自分たちだけのこだわりハワイ旅行を計画することができます。

個人旅行のメリット2 長期滞在や子供の人数が多い場合、ツアーに比べて価格が安くなることが多い

長期滞在の場合、特に宿泊先としてコンドミニアムを利用する事で1日当たりの料金が安くなります。
また、子供の人数が多い場合なども航空会社の子共運賃や宿泊先の1室いくらの料金体系をうまく利用する事でこちらも安くなる場合が多いです。

個人旅行のデメリット1 面倒な手続きが多い

航空券の手配やホテルの手配などをすべて自分で手続きをしなくてはならないため、面倒なことが多いです。
また、ハワイに慣れていない場合は、戸惑うこともいろいろと出てくるでしょう。

個人旅行のデメリット2 最低限の英語力が必要

日本語が結構通じるハワイとはいえ、最低限の英語力は必要となります。
特にトラブルが発生した場合を考えると、英語力に自信がない場合はツアーを選択された方が無難でしょう。

 

関連広告



-ハワイお役立ち情報

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.