30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

ハワイお役立ち情報

パスポート申請に必要な書類や費用は?10年と5年どちらがいいの?

更新日:

海外旅行にはパスポートが必要

初めての海外旅行の場合、パスポートが必要になります。
パスポートには10年間有効な黒いパスポートと5年間有効な赤いパスポートがあります。
パスポートを作成する際には戸籍謄本や住民票、申請手数料は決まっておりますので、節約できるとすればパスポートの写真代くらいです。駅前やコンビニにおいてある証明写真の機械ですと、1人800円ほどかかります。
デジカメやスマートフォンのパスポート用写真撮影アプリなどを利用する事で、多少は費用が節約できます。大手家電量販店やカメラのキタムラなどにある写真印刷機を利用すると、撮影後に写真サイズを調整できたりもしますので大変便利です。
ただし、パスポート申請用の写真には決められた規格がありますので、規格内である事をしっかりと確認しましょう。

 

パスポート申請に必要な書類

一般旅券発給申請書 1通

申請書は5年有効なパスポートと10年有効なパスポートの2種類があります。
ただし、20歳未満の場合は5年有効なパスポートしか申請できませんので、子供の分は5年有効なパスポートを申請します。
大人の分は5年、10年どちらでも構いませんが、費用が10年用の方が高くなります。
次回の海外旅行がいつ頃になるかにより、選択します。
申請書はパスポート申請窓口でもらえます。

戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通

申請日より6カ月以内に作成されたものが必要となります。

住民票の写し 1通

申請日より6カ月以内に作成されたものが必要となります。

写真 1枚

パスポート写真の規格と見本  (パスポート申請用写真の規格について)
縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(薄い色)の写真。
申請日より6カ月以内に撮影されたもの。
無帽で正面を向いたもので、下記の規格を満たすもの。
頭頂からあごまでが34±2mm
横端から顔の中心までが17±2mm
上端から頭頂までが4±2mm
写真の裏面には申請者の氏名を記入します。

申請者本人に間違いないことを確認できる書類

運転免許証など。

 

パスポート作成費用

パスポートは受領時に手数料が必要となります。パスポートの種類と手数料はこちらです。

10年間有効なパスポート(20歳以上)

16,000円 (都道府県収入証紙2,000円+収入印紙14,000円)

5年間有効なパスポート(12歳以上)

11,000円 (都道府県収入証紙2,000円+収入印紙 9,000円)

5年間有効なパスポート(12歳未満)

6,000円 (都道府県収入証紙2,000円+収入印紙 4,000円)

 

関連広告



-ハワイお役立ち情報

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.