30代夫婦と子供達 初めてのハワイ旅行まとめ

子連れハワイ

三世代ハワイ

この木なんの木、気になる木でお馴染みモアナルアガーデンの日立の樹

投稿日:

モアナルアガーデンの日立の樹 その名はモンキーポッド

この~木、なんの木、気になる木~♪でお馴染みの日立のCMに登場する日立の樹は「モンキーポッド」と呼ばれる、中南米原産の豆科の植物です。モンキーポッドは広く世界の熱帯各地に分布しており、高さは20m~25mほどとなり、枝を広げた直径は30m以上にもなります。その枝の広がりから公園などの日陰樹として植栽されております。和名はアメリカネムノキで、シダに似た葉は午後になると閉じ、日の出とともに開きます。

この「日立の樹」として有名になったモンキーポットですが、ハワイではそこら辺の公園など至る所にあるので、「全然気にならない樹」だそうです。何でわざわざ、そんな樹を見に行くのかが不思議だと「ポリネシアファミリーパッケージツアー」で、午前中ガイドをしていただいた方が言われておりました。

ハワイの方には気にならなくても、我々は旅行者です。「ハワイっぽい」観光地に行ったよ~。って気分を味わいたいからです。そうです、日本に帰ってから「日立のCM」を見た時に、家族でこの木見たね~って思えればそれでいいんです。

 

だだっ広い公園内にはとても大きな木がたくさんありますが、どれが「日立の樹」かはすぐに分かるはずです。駐車場からモアナルアガーデンへ入ると正面にひときわ大きな木があります。このモンキーポッドこそが「日立の樹」です。

 

「日立の樹」プロフィール

名称/モンキーポッド
学名/SAMANEA SAMAN
俗称/アメリカネムまたはサマンの木
高さ/約25m
最大枝幅/約40m
幹回り/約7m

 

モアナルアガーデンへの行き方と入園料金

私たちはオワフ島の観光ツアーで来ましたが、その他にもレンタカーを借りられる場合はどこかの観光のついでといった感じが良いと思います。タクシーであれば片道30ドルはかかると思いますので、モアナルアガーデン観光が付いた半日観光のオプショナルツアーを申し込む方が良いかと思います。モアナルアガーデンは、わざわざ観光するほどでの場所でもなく、さらっと見学する感じの場所になります。

ちなみにどうしてもモアナルアガーデンだけの観光が目的の場合は、ザバスがお勧めです。モアナルアガーデン方面へ行くザバスはアラモアナセンター近くからでており、アラモアナセンターの山側のカピオラニ通りの停留所から、3番ソルトレイク行きのザバスに乗ります。降りるバス停はフリーウェイを出た付近にありますので、フリーウェイに入ったら、次が降りるバス停です。フリーウェイを出て最初のバス停で下車、そこから歩きになります。アラモアナセンターから約20~30分、片道2.5ドルでモアナルアガーデンまで行けます。

モアナルアガーデンの入園料金は大人3ドルとなっており、12歳未満の子供は無料です。

この~木、なんの木、気になる木~♪ぜひ楽しんでみて下さい。

 

 

関連広告



-三世代ハワイ

Copyright© 子連れハワイ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.